2009年 05月 04日

白井の伐採地俯瞰

今日も午後から時間があいたので、津和野の山に登ってみました。
c0058091_2131035.jpg

SLやまぐち号/上り9522レ/津和野~徳佐間/α700/TAMRON・A001

年々路線沿いの木が伸び、撮影不能のポイントが増える山口線ですが、
最近、木を大規模に伐採して新しい俯瞰場所になったのがここです。
見晴らしの良さは抜群(というより下から丸見え・・・)また高度感もかなりのものでした。

c0058091_2114062.jpg


ここも線路際の木が列車を隠してしまいますが、新緑の山々や水田、赤瓦の民家などが
良いアクセントとして入ります。
丁度水が張られた田んぼの横を通過するので水鏡を狙ってみました。
列車は写りませんが、かろうじて煙が写っているのがお分かりでしょうか?
[PR]

by keifusa | 2009-05-04 21:23 | 鉄道 | Comments(10)
Commented by shinashina-x at 2009-05-04 22:54
おっとA001も導入されてたんですね。
やっぱりこれくらいの望遠ズームの方が鉄含めて使いやすいですか?
Commented by Qチャン at 2009-05-04 23:55 x
>shinashinaさん
70-200mmのF2.8通しのズームは、鉄撮りの標準レンズみたいなものですね。
かなり重いですが、ほとんどの人は三脚使用なので問題はないようです。
暗いレンズだと、どうしてもSSが稼げない場面があるんで、少しでも明るく、またF値が変化しない方が有利なのが理由かと・・・
鉄写以外は、自分も軽いズーム(70-300とか)を常用しております。
Commented by teddy bear at 2009-05-04 23:55 x
2枚目。構図も車両配置も文句なし!
この様な構図のC57は絵になりますな〜。C10クラスだと.....orz

線路際の木が列車を隠してしまいますとボヤきながらもしっかりと釜を避けてる所が.....v
Commented by teddy bear at 2009-05-05 00:00 x
>>shinashinaさん>>Qチャン

自分は手持ちだからこそニッパチで...でしょうかね!?
Commented by Qチャン at 2009-05-05 00:07 x
>teddy bear さん
teddyさんはシャッターチャンスは一発勝負でしょうが、自分は連写という姑息な手段を使っています(笑)
で、連続写真の中からどれを採用しようかと悩んでいたんですが、↓のコメントの「バランスを考えろ」を読んで、2枚目を採用しました。
もう少し後の画像の方が客車全体が見えていたのですが、それだと編成が右に寄りすぎで落ち着かない構図になってしまいます。
アドバイスありがとうございました!
Commented by デルソル at 2009-05-05 00:08 x
こんばんは。
ここは前回にも増して、いいところですね~
新緑の山やちょっとした棚田に赤い民家の屋根
全てがSLとマッチしていますね。

後方の針葉樹が広葉樹だったら、紅葉の時期が楽しみに。
というのはちょっと贅沢かな。
しかし、こういうところへの山登りは苦にならないんですよね。
重たい機材を背負っても何とかなるし。。。
Commented by Qチャン at 2009-05-05 00:15 x
>teddy bear さん
おっと、かぶりましたね。
手ぶれ防止には、実は重いレンズの方が有利なんでしょうね。
流し撮りとかでも安定して出来るのかな~
自分の非力な腕力では、ちょっと無理かもです。
Commented by Qチャン at 2009-05-05 00:24 x
>デルソルさん
前回の白井U字カーブの直線部分を見渡せる場所なんですよ。
もう少し広角にすれば、遠く津和野の町の山も入るので、秋の紅葉も綺麗だと思います。
ホント、普段なら絶対しない登山なのに、撮影となると出来ちゃうから不思議ですよね~
Commented by yodogawasyuhen at 2009-05-06 21:18 x
こんばんは
私は2枚共良いですよ。

頑張っていますね。
山登りと鉄撮りですか。
SLはないですが、私も山登りにそろそろ行こうかなと思います。
Commented by Qチャン at 2009-05-06 23:57 x
>yodogawasyuhenさん
連休だからといって家でゴロゴロしてたら不健康なので、
一念発起して出掛けました。
メタボ対策の一環ですね(笑)


<< 超・広角      新緑と蒸機 >>