2010年 10月 09日

やまぐち・なにわ号

今日からやまぐち号は重連運転開始です。
しかも客車は「サロンカーなにわ」という事で、
夜勤明けの眠い目を擦りながら出撃してきました。

c0058091_22121536.jpg


天気がいまひとつだったからか、沿線の人出は予想外に少な目。
超定番の長門峡も、余裕で場所取りできました。




c0058091_22221133.jpg

c0058091_22225364.jpg


列車通過時には眠気がピークに・・・
AEロックを忘れた為、露出不足になりましたが、記録にはのこせました(^^;


あまりのふがいなさに帰って寝ようかと思いましたが、
なんとか気を取り直して上り列車を津和野城址から俯瞰しました。
雨が降ったり止んだりで、視界も良くない天気でしたが、
通過前には奇跡的に日が差してきました。
c0058091_22333966.jpg

c0058091_22403096.jpg

c0058091_22421976.jpg

c0058091_2244679.jpg

c0058091_224557.jpg

c0058091_22474882.jpg
c0058091_22485129.jpg
c0058091_22493372.jpg

この場所も今日はカメラマンは片手ほど。非常にまったりとしてました。
[PR]

by keifusa | 2010-10-09 22:52 | 鉄道 | Comments(8)
Commented by 迷いトンボ at 2010-10-10 01:33 x
こんばんは。
夜勤明けにお疲れ様。
好きなことは止められませんね!
上りは1台の機関車が後ろから押してるんですね。
このパターンは初めて見ました。
Commented by デルソル at 2010-10-10 01:42 x
こんばんは。
おお。重連だ。まだ経験ないんですよが、凄い迫力なんでしょうね。
煙も倍で 煙分補給も充分かと(^^;
前半の撮影場所でもっと引いた画というか、3枚目から右に振って
もうちょっと横から見た感じに撮るというのはダメなんですか?
(と、ちょっとお勉強モード)

それと後半の俯瞰になると、機関車が前後になっていませんか?
上りと下りで編成を変える事も有るんですね。

Commented by shinashina-x at 2010-10-10 08:39
SLの蒸気て近くだと白いけど、離れると黒くなるんですね。
家の屋根の色が統一感あって不思議。
Commented by Qチャン at 2010-10-10 10:04 x
>迷いトンボさん
すっかりご無沙汰しております。コメントありがとうございました。
今日明日は凄い人出が予想されるので、眠たかったけど無理して行ってきました。
書き忘れましたが、上りはPP(プッシュプル)運転でした。
重連と違い、後ろも入れたいとなると撮れる場所も限られてしまうのがカメラマン泣かせですね。
Commented by Qチャン at 2010-10-10 10:21 x
>デルソルさん
やっぱり重連はいいですね~。
長門峡の鉄橋では、蒸気と汽笛の大サービスが楽しめました。
確かにもう少し引き付けて広角で写せば、編成全体が入るでしょうが、
他の撮影者や電柱などが入ってしまうので、これが限界でした。
やまぐち号重連は、通常では下りC57前C56後、上りC56前C57後で運転されますが、最近では上りでプッシュプルになる事も多いです。
Commented by Qチャン at 2010-10-10 10:34 x
>shinashinaさん
長門峡では気温が低かったので白煙でしたが、返しの時は日が差して暖かくなったせいか煙も黒かったですね。
津和野は景観条例かなんかで、屋根や建物の色が制限されてるみたいです。
小さい町ですが、上から眺める景色はなかなか良い感じですよ。
Commented by teddy bear at 2010-10-10 13:40 x
自分は2、3枚目の描写構図は大人しくなりますが、好きです。

AEロックを忘れた為、露出不足.....。
とぼやいてますが、空の色を見る限り、これで正解だったのではないでしょうか?
蒸気機関車は雨天時が一番絵になるんですけど.....。撮るのと見るのとは違いますね.....w

>>津和野は景観条例.....

美しい景観には、そんな条例が絡んでたんですね!?知らなかった。
Commented by Qチャン at 2010-10-10 14:08 x
>teddy bear さん
夏の重連なら田圃の稲もいい感じなんですが、この時期はもう黄金田は望めないのが残念でした。
白煙は良いけど、曇天が背景では・・・しょうがないですが。
赤瓦の家も、他の町では段々数が減ってきてます。
こういう懐かしい景色は残してもらいたいですね。


<< 今度は「あすか」      秋らしく >>