2007年 03月 31日

桜と蒸機と・・・

c0058091_1830440.jpg

人々に見送られ津和野大橋付近を行く上り9522レ
α-sweetD/AF28-75mmF2.8/RAW+SILKYPIX3.0


c0058091_18293683.jpg

津和野の焼却場裏の築堤を下ってくる9521レ...見事な無煙(笑)
α-sweetD/AF70-210mmF4/RAW+SILKYPIX3.0




c0058091_2151752.jpg

c0058091_21171224.jpg

c0058091_2161152.jpg

c0058091_2164984.jpg


津和野の桜は五分咲き程度でしたが、三脚が倒されそうな強風と、春霞に悩まされました。
[PR]

by keifusa | 2007-03-31 18:33 | 鉄道 | Comments(12)
Commented by m-hir at 2007-03-31 22:44
桜と機関車って絵になりますね〜
煙無くてもかっこいいです。
Commented by Qチャン at 2007-04-01 18:48 x
>m-hirさん
この日は桜と絡めて撮るのが目的でしたので、無煙でも平気でした(笑)
しかしセンスの無さで、思い描いたイメージとはかけ離れた写真になってしまいましたが...
Commented by shinashina-x at 2007-04-01 19:12
桜は単体で撮ってもあんまり面白くないから、こういうシチュエーションは凄く羨ましいですね。
今週末は久々に一人撮影でしたが、結局一人でも子連れでも取れる写真の質に変化がないことを悟りましたわ・・・・。
Commented by Qチャン at 2007-04-01 22:14 x
>shinashinaさん
せっかく桜と機関車を同時に撮れたのだから、もう少し叙情的にしたかったんですがね~。まだまだ勉強不足です。
「結局一人でも子連れでも取れる写真の質に変化がない」・・・うーん、春休みの子供たちを家に置いてけぼりにして出掛けた身には耳が痛い(笑)
Commented by デルソル at 2007-04-01 23:19 x
こんばんは。
さくらに重厚なSLの組合せは 画になりますね。
薄紅と黒なんで 撮るのは非常に難しいと思いますが。。。
4枚目の重厚感 生で見ると凄いんでしょうね。
Commented by Qチャン at 2007-04-01 23:43 x
>デルソルさん
白トビか黒つぶれかのどちらかは免れませんね~
どちらもそこそこに...と欲張ると、この様に中途半端な結果に(笑)
機関車は間近で見ると結構鉄板がデコボコしてるんですよ。
車輪の大きさも大人の身長ぐらいあってメカ好きにはたまりませんね。
Commented by エディ at 2007-04-02 13:10 x
桜とSLなんてまた楽しくも難しそうなテーマですね~。
こりゃあもうたまらん。
Commented by Qチャン at 2007-04-02 23:00 x
>エディさん
山口線沿線で桜と列車を絡めて撮れる場所は案外少ないんです。
この日は初め徳佐駅の桜を狙ってたんですが、まだ1~2分咲き程度で絵になりそうになかった為、急遽2枚目の場所に変更したんです。結果はなんとも中途半端な出来に・・・
1枚目は、津和野の町並みを多く入れてみましたが、黄砂と逆光で撃沈しました。
Commented by notogadaisuki at 2007-04-02 23:02 x
こんばんは
Qちゃん の撮るSLは、絵になります。
桜とSL列車は、素晴らしいです。
羨ましい環境です。楽しませて頂きました。
Commented by ジャワ at 2007-04-02 23:12 x
Qチャンさん、こんばんわ。
やまぐち号行かれたんですね~、凄い羨ましいです~!
SLの黒色と、桜のピンクがそれぞれを引き立てていて見ていて心が躍ります。
Commented by Qチャン at 2007-04-03 01:07 x
>notogadaisukiさん
わずかですが、津和野の町並みとSLの情緒が伝われば幸いです。
やまぐち号の切符は人気があってなかなか入手困難ですが、機会があれば一度は乗車されたらと思います。
Commented by Qチャン at 2007-04-03 01:14 x
>ジャワさん
この日は初日と同様に夜勤明け且つ家族の非難を無視しての出撃でした(^^;
列車を待ってる時は眠気を感じなかったけど、家に帰ってバタン・キュー(笑)
もうすぐ入学式ですね~。新たな門出を桜吹雪が歓迎してくれるでしょう。頑張って下さい!


<< 今年も咲いたねカタクリの花      2007年SLやまぐち号スタート! >>